大昔から困っています|プロに任せるハチ駆除|徹底的に駆除してくれるから安心

プロに任せるハチ駆除|徹底的に駆除してくれるから安心

大昔から困っています

女の人

昔からの悩みの種

米を主食としてきた日本では、ネズミの被害は大昔から頭を悩ませるものでした。特に日本家屋に住み着くハツカネズミは病原菌を媒介することもあり、ネズミ駆除のために猫がよく飼われていたそうです。ネズミは環境への適応が高く、現代でもハツカネズミやクマネズミ、ドブネズミといった種類が生息しています。種類ごとに好む環境は違いますが、いずれも雑食性で人が食べるものはなんでも食べられるため、どこでも生きていくことが可能です。また、一度の出産で7〜8匹ほど子供を産むことができ、1か月に1度出産することができます。そのためネズミ駆除をしても、なかなかいなくならないといったこともよくあります。やはり根本的にネズミを家に入れない対策が必要です。

食べ物と隠れる所が好き

ではネズミが好む環境というのは、どのような環境なのでしょうか。前述しましたが、ネズミは種類によって好む環境が違います。しかし共通することは、食べ物がたくさんあり、逃げ道や隠れ場がたくさんあるところを好みます。これらの要因をすべて排除すれば、ネズミはいずれいなくなってしまいますが、もしネズミが住み着いてしまった場合にはどうやってネズミ駆除をすればいいのでしょうか。ネズミは通り慣れた道、慣れた場所しか使いません。そのためネズミがよく通る道に毒餌を置くようにします。また、毒餌と一緒にトラップを使用することでネズミ駆除の効果が高まります。しかしネズミは頭がよく、嗅覚が鋭いため、一度危ないと学習したものはなかなか近づこうとしません。そういう時は違う種類の餌やトラップを使ってみたり、ネズミの糞尿や毛などで臭いをつけて使用するとよいでしょう。